どうしてそんなに安くできるのか? 資料請求はこちら
築工房 樹(いつき) 株式会社 会社をご案内しております。
HOME 戸建賃貸大家さんの10のメリット 無料収支シュミレーション 施工例 パンフレットダウンロード お問い合わせ


売れる戸建賃貸はどのぐらい建っているの?
戸建賃貸が建つ前に満室になる理由
ロゴスタイルシリーズ商品ラインナップ
ロゴスタイルシステムは全てコミコミ価格!
どうしてそんなに安くできるのか?
安心の10年保証
イベント情報
会社案内
ブログページ
プライバシーポリシー

リンク

アパート・マンションの
経営コンサルタント

 株式会社アイリス



設計のことならお任せ下さい

 エスサイクル
   1級建築事務所



一般財団法人
日本不動産コミュニティー
名古屋第2支部

 大家検定認定講座
 HOME / どうしてそんなに安くできるのか?
どうしてそんなに安くできるのか?
皆様の中にはどうしてそこまで安いのか?と逆に不安を感じている方もいるかもしれません。
現に『どうせ、安かろう、悪かろうの家なんでしょ?』と言われるのがとても残念で仕方ありません。
建築費用がそのまま収益性に跳ね返ってくる賃貸事業となりますので、質は落とさず建築費を下げるにはどうしたらいいのか徹底して分析しました。

ローコスト住宅をつくられている工務店の社長さまから「ローコスト住宅をつくる為にはどうしたらいいのか?」
直接教えていただき、 各建材メーカー様に見放されてる方の「安く仕入れる為にはどうしたらいいのか?」何度も打ち合わせをしながらようやく完成したのです。

建材メーカーから直接購入

家の価格の6割から7割は部材を購入する費用だって知っていました?
窓、玄関ドア、建具、断熱材、ボード、金物…など、メーカーでつくったものを買って現場で組み立てています。
通常、地場の工務店ではメーカーから直接仕入れをすることができなくなっています。かならず問屋が入り、納品しているのです。

仕入れフロー

ロゴスタイルシステムはこのようなひとつひとつの流通コストを削減することでローコストを実現しています。


直接施工による中間マージンのカット

ある程度大きい規模の工務店やハウスメーカーさんによくありますが、元請から、下請け、孫請けと一体、だれが施工しているのか分らないことがよくあります。

発注フロー
ロゴスタイルシステムはすべての工事を提携工務店が直接施工をしますので安く家をつくることができます。


経費のかかる住宅展示場や無駄な広告宣伝を一切しない

よく建築会社を選ぶ時、モデルハウスやコマーシャルなどをみて『安心できる会社だから』と決定する方がいらっしゃいます。
確かにモデルハウス、コマーシャル、カタログなどがあればお客様に、いい会社に見られるかもしれません。
しかし、モデルハウスや、コマーシャルは高いのです。

当社では見栄を張るために仕事はしていません。
その経費は結局のところ、お客様から負担していただくのです。その分を必然的に建築費に乗せざるをえません。
ロゴスタイルシステムは安く家を提供する為に、モデルハウスや、立派なカタログなどをつくることをしていないのです。


現場での作業ロスを少なくするため、建物の設計、仕様を規格統一する

現場コストを削減する為には、設計、仕様を規格化することがポイントです。
注文でつくると、坪数や間取、仕様もお客様の注文に合わせて発注します。そうなると、その都度カタログを調べたり、部材を拾ったりする作業が増えます。
作業が増えるということはその分、人件費になりますから価格に反映します。
建材メーカーから買うものにしても、同じ数、同じ型番を決めるとその分メーカーも仕事が単純化するので価格を下げてくれるのです。

それと、もうひとつは社内的なコストにあります。
注文住宅で家1棟をつくるのに少なくても30時間〜50時間、打合せをします。
間取、コンセントの位置、お風呂の色など住宅に関わるすべてのことをお客様のオーダーによって決定します。
社内的には直接の経費ではないものの、スタッフの人件費などがありますからその分を建築費に上乗せするのです。

ロゴスタイルシステムの価格は注文では対応できませんが、その分安くつくることができるのです。


施工体制を見直し、工期を大幅に短縮すること

建築費には現場で施工する職人さんの人件費が含まれています。
職人さんの場合、ほとんどが日給。
工期が長ければ長いほど、職人の日給も増えることになりますから当然、建築も高くなります。

現場が始まると注文したものが予定日に納品されず半日つぶれてしまったり、他の業種の職人さんとかちあって作業がスムーズにできずに思うように仕事が進まないことがよくあります。
このような場合でも仕事はしているわけですから日給はかかっているのです。
ロゴスタイルシステムではこのような工程のムダをなくし建築費を削減しています。


現金払いにする

これは直接関係無いことかもしれませんが、安く仕入れる為には重要なことです。

通常、業者や問屋への支払いは、約束手形というものを使います。
半金半手といって、半分は現金、半分は手形で支払うのです。その手形は約3ヶ月後から6ヶ月後に現金化されるのです。(中には、オール手形と呼ばれる「手形100%」で支払う業者さんもあります)
この方法で支払う場合、納入する側も手形の金利を考え納入金額を決めます。
余裕のない場合はそこまで3ヶ月や半年まで持ちこたえることができずに、手形の買取業者へ行く人もいるのです。

簡単に説明すると、手形は3ヶ月後(6ヶ月後)に現金になりますが、すぐ現金化したいとすると、納入業者は金融機関に手形を持っていきます。その時、現金化してもらうわけですが、額面分の現金をもらえる訳ではありません。額面の90%や80%だったりするのです。

そこで、納入業者はその時不足する分を、始めから上乗せして、納入金額を決めるのです。

ロゴスタイルシステムは、納入業者には全て現金払いとしています。

納入業者は倒産の心配が少なく、かつ経費を安く設定することが出来ます。
これによって、他社よりも安く材料が仕入れられるのです。




間取、仕様などを知りたい方は資料を差し上げています。
お気軽にお申込み下さい。

資料請求はこちら
安心の10年保証 ∴このページ上へ